授乳

食べ物

母乳は甘いもの食べると赤ちゃんの湿疹に影響を与えるのは誇大

赤ちゃんが生まれて母乳で育てていきたいと思うママは多いです。 母乳からママの栄養を受け取ることで免疫力が付く、アレルギーがでにくくなるなどいろいろ言われています。 それで母乳育児を希望するママが多くなっているようです。 私の友達も母乳で育てていますが、赤ちゃんの乳児湿疹が全然治らないのは、母乳のせいかと悩んでいました。 私の友達は妊娠中から甘い物が無性に食べたくなり、産後も甘い物が全然止まらないどころか、出産を頑張った自分へのご褒美と、甘い物の量が増えてしまって罪悪感を覚えつつ、でも食べたい、だけど乳児湿疹に影響しているなら母親として甘い物を我慢しなければと本当に葛藤していました。 そこで甘い物を食べて母乳に影響するのか、そして乳児湿疹にも関係するのか調べてみました。
食べ物

授乳中に甘いものをドカ食いしてしまう・・・。原因と対処法を紹介します!

授乳中に甘いものが食べたくなり、ついドカ食いしてしまう・・・。 そして、罪悪感を感じることがある。そういう人は私も含め結構います。 授乳中に甘いものが食べたくなるのには、そうなる原因と理由があります。 本来、甘いものは食べることでリフレッシュ出来るものです。 甘いものは悪なんてことはありません。 甘いものを食べている時、幸せを感じますよね。 せっかくのリフレッシュの瞬間に罪悪感を感じてほしくありません! そこで、授乳中に甘いものをドカ食いしてしまう原因と対処法をご紹介していきます。
食べ物

授乳中にチョコや甘いものを食べると赤ちゃんに影響するの?

産前産後はお母さんは体も心も大きな負担がかかっていてとても大変な時期です。 特に産後は出産の負担があるにも関わらず、赤ちゃんに合わせた生活リズムでまともに寝ることもできない日が続きます。 気軽にお出かけもできず、気分転換すらままならず辛いと感じることも多いです。 本当に食べることが唯一の気分転換というお母さんも少なくないです。 食べ物の中でも甘いもの、特においしいチョコレートは産後のお母さんの気分を良くしてくれます。 しかし授乳しているお母さんはチョコレートのカフェインなどが気になるかと思います。 そこで授乳中のチョコレートが赤ちゃんにどのような影響があるのか紹介していきます。
食べ物

授乳中に生肉を食べる際の危険性をご紹介します。

妊娠中に引き続いて、授乳中にも制限したほうがいいと言われている食べ物はいくつかありますよね。その中の一つが『生肉』です。 それでも、妊娠中から我慢をしてきて更に卒乳まで食べられないのは中々の辛抱ですよね。 私自身も妊娠・出産を経験したので、好きな食べ物を我慢する辛さはよく分かります。 そこで今回は、授乳中に生肉を食べることによる危険と食べても大丈夫な場合をご紹介します。
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました