授乳中に生肉を食べる際の危険性をご紹介します。

妊娠中に引き続いて、授乳中にも制限したほうがいいと言われている食べ物はいくつかありますよね。その中の一つが『生肉』です。
それでも、妊娠中から我慢をしてきて更に卒乳まで食べられないのは中々の辛抱ですよね。

私自身も妊娠・出産を経験したので、好きな食べ物を我慢する辛さはよく分かります。
そこで今回は、授乳中に生肉を食べることによる危険と食べても大丈夫な場合をご紹介します。

sponsored link

授乳中に生肉を食べていけない理由

授乳中に生肉を食べていけない理由は、食中毒の危険性があるからです。
しかし、お母さんが食中毒になったからと言って母乳から赤ちゃんに感染することはありません。

赤ちゃんに感染しないならいいじゃないかと思うでしょうが、お母さんが食中毒になってしまったら母乳をあげることが難しい状況になってしまいます。
結果、赤ちゃんにも悪い状況になってしまうわけです。

また中には感染力の強い菌もあるので、食中毒になってしまったお母さんを通して赤ちゃんにも感染してしまう恐れもあります。

授乳中生肉は絶対に食べてはいけないの?

結論から言いますが、授乳中に生肉を絶対に食べていけないわけではありません。
授乳中に限らず、生肉は食中毒の危険が付き物です。

生肉と言っても、調理方法によっては食中毒になる可能性が低いものもあります。
生ハムなどが例です。
ユッケや馬刺し、ローストビーフなどを食べる場合には新鮮なものを食べるなどして気をつけてください。

また、生肉の中でも食中毒の感染力が強く感染後の症状が酷くでる鶏肉は生で食べることはやめたほうが良いでしょう。

まとめ

・授乳中も生肉は控えたほうが良い

・母乳を通して赤ちゃんに感染することはない

・お母さんは食中毒になると、赤ちゃんに母乳をあげられない可能性がある

・生肉を食べる場合は、新鮮なものを食べる

今回は、授乳中に生肉を食べていけない理由と、食べたい場合の食べ方についてご紹介しました!
妊娠中から卒乳までの間、食べたいものを我慢するのはとても辛いですよね・・・。

でも、食べ方を工夫すれば絶対に食べていけないことはありません。
私も授乳中にどうしても生肉などを食べたくなった時は、表面に火を通した調理をしたものや新鮮なものを食べるなどといったことを意識していました。

大事な我が子のためにと一切食べないと決めているお母さんも多いと思います。
ですが、食中毒にならないように意識すれば、感染のリスクは低くなります。
あまり我慢しすぎずに食中毒には気をつけて、美味しく食べてくださいね!

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました