ずっとつけていられるネックレスの素材はステンレスかチタンの2択

ネックレスは、首元のおしゃれには欠かせないものです。首元にアクセントがあるだけでも気分が高揚しますよね。

ネックレスは、外出する時だけにつける人が多いと思いますが、24時間ずっとつけていたいという人もいます。ずっと身につけていると、ネックレスがサビてしまうのではないか、鎖が弱くなってしまうのではないかと心配になる人もいるでしょう。

今回は、お風呂でも大丈夫なずっとつけていられるネックレスの素材と手入れの仕方についてご紹介していきます。

sponsored link

ずっとつけていても大丈夫なネックレスの素材とは

ずっとつけていられるネックレス 素材

1日中ネックレスをつけているということは、お風呂に入るときも寝ているときもずっと肌に触れているということですよね。そうなると、ネックレスがお風呂や汗で濡れることやずっと皮膚に触れていることで肌トラブルが起きないのか心配になると思います。

そこで、ずっとつけていられるネックレスの素材としておすすめなのが、「ステンレス」や「チタン」素材です。

おすすめのネックレス素材:ステンレス

ずっとつけていられるネックレス 素材

ステンレス素材はよく聞くと思いますが、病院で手術をするときに使われているメスもステンレスでできています。また、家庭用の鍋や包丁などもステンレス製のものが長持ちすると言いますよね。

ステンレスは、サビに強い素材です。汗をかくと汗に含まれた塩分がネックレスに付着します。そのときにステンレス素材だとサビません。夏に海水浴に出かける人も、海水にも強いので安心してつけていることができますね。

おすすめのネックレス素材:チタン

ずっとつけていられるネックレス 素材

チタン素材も、ステンレスのようサビに強いです。チタンはそれだけでなく、非常に軽いのでつけていても違和感を感じないのも特徴です。稀にネックレスをし続けることで慢性の肩こりを起こす人もいますが、チタンだとそのような心配もないでしょう。

また、アレルギーを起こしにくい素材なの金属アレルギーの人も安心して身につけることができます。

ネックレスの手入れの仕方

お風呂でも大丈夫なネックレス

ずっとつけていられる素材とはいっても、つけっぱなしにすることでネックレス自体に汚れが溜まってしまいます。なので、定期的にお手入れはしてあげましょう。

お風呂に入ったときにでも、気づいたらちょっと外して洗面器に水を張って洗ってあげましょう。それだけでも汚れを取ることができます。

まとめ

ずっとつけていられるネックレスの素材と手入れの仕方についてご紹介してきました。

ずっとつけていられるネックレスの素材としておすすめなのは、ステンレスとチタンです。チタンの方が比較的安価なので、気軽に身につけられるかもしれませんね。

定期的にお手入れをしてあげながら、愛着をもってつけてくださいね。

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました