奥二重をアイプチしても元の線が邪魔で二重にならない!何とかならないの?

奥二重の人は一重の人よりも二重にするのが難しいと言われることもあります。
確かに元々の奥二重の線が邪魔をしてアイプチやアイテープで二重の癖付けをしてもすぐに奥二重の線に戻ってしまうという現象がよく見られます。

こんなことなら奥二重より一重に生まれたかった!と思う人は少なくないようです。
そこで奥二重でもキレイに二重にする方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

sponsored link

奥二重をアイプチで二重にする方法

アイプチで奥二重の線が強力すぎてアイプチの粘着力では奥二重の線にすぐ戻ってしまうとうい経験がある人は多いようです。

そこでアイプチの中でも、皮膜タイプのアイプチを使ってみましょう!
皮膜タイプのアイプチは接着タイプではなく、非接着タイプで折り込んでて二重の癖付けをするものです。
非接着なので、まぶたを閉じても自然に見えます。
薬剤のカラーも半透明であったり、皮膚の色に近いものが多いので、本当に目立ちません。
また折り込み式なので、接着タイプに比べるとまぶたの皮膚に対しての負担が少ないです。

奥二重をアイテープで二重にする方法

アイテープはアイプチに比べて粘着力が強いタイプが多いです。
奥二重の頑固な線にも負けないアイテープもあります。

ただ粘着力が強いということは、まぶたの皮膚に負担がかかるということなので、複数試してみて、効果があって赤みや腫れが出ないもので二重の癖付けをしていきましょう。

もし、まぶたに赤みや腫れ、かゆみなどが出てきたら、使用を中止し、場合によっては皮膚科を受診しましょう。

アイプチでもアイテープでも二重にならない奥二重の場合

奥二重の線は本当に厄介で、アイプチやアイテープをしてもすぐにもとの奥二重に戻ってしまうという人もいます。特に、まぶたの皮膚が厚めの人に多いようです。そこでアイプチやアイテープをする前に行ってほしいことを紹介します。

目元マッサージ

朝は目元以外にもむくみが気になるという人もいると思いますが、少しマッサージをするだけでむくみが取れることもあります。すっきりさせることでアイプチやアイテープの効果を上げることができます。

皮脂などの油分や汗を拭き取る

まぶたにも皮脂や汗が出ます。皮脂などの油分や汗の水分はアイプチやアイテープの粘着を弱くしてしまいます。優しくコットンなどで拭き取るか、洗顔をしてから二重の癖付けをするようにしましょう。

生活習慣や食生活の見直し

寝る前に泣いたり、夜更かし、塩分や油分の多いものを食べたり、アルコールの摂取はむくみの原因になります。むくんでいるだけで二重にしづらいので、生活習慣や食生活の改善をしましょう。

まとめ

奥二重の人は二重の癖付けに本当に苦労する場合が多いです。でも諦めずに二重にしやすい方法を紹介しました。アイプチやアイテープだけではなく生活習慣や食生活を気を付けることで、健康的に二重も手に入れることができるので、最初は大変かもしれませんが、毎日の生活を少しずつ心がけていくようにしましょう。健康で理想の二重を手に入れることは、年を重ねてもキレイを保つために必要なことなので、ぜひ生活習慣や食生活も気を付けてみてくださいね。

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました