アイテープを夜使うと危険です。たるみと色素沈着に要注意

私の友達でアイテープで理想の二重を手に入れた子とアイテープではなかなか二重の癖付けができずにプチ整形をした子がいます。

アイテープで二重にならずにプチ整形をした子は夜にアイテープを使用していました。
夜にアイテープは効果がないのか、夜のアイテープは危険なのか調べてみました。

私も夜でもアイテープをすることで長い時間二重の癖付けができて早く二重になるのでは?と思っていたので、事実はどうなのか、調べた結果をお伝えします。

sponsored link

アイテープを夜に使用するのは危険?

結論から言うとアイテープの夜の使用は、控えた方が良いです。
アイテープの使用方法を確認すると「長時間の使用は控えるように」と記載してあるものが多いです。


理由はアイテープの接着剤が肌への負担になる可能性があるからです。
まぶたは皮膚の中でもとてもデリケートな部位です。
アイテープの接着剤がまぶたに長時間ひっついていることで、まぶたへの負担が大きく、肌荒れの原因になります。
肌が荒れることで二重の癖付けどころか、まぶたが腫れて二重にならないのです。

アイテープを夜に使用して二重になったという人もいるけど。。。

アイテープ 夜 危険

確かに、全員が全員、夜にアイテープをしてまぶたが腫れて二重にならないというわけではないです。二重は癖付けによってできるので、できるだけ長い時間癖付けをすることで早く二重になるというのも事実です。

しかし、まぶたの皮膚の強さや二重になりやすいかどうかはかなり個人差があります。
二重になりやすい人の特徴として、まぶたが薄い、まぶたの開く力が強いなど、いろいろな要因があって二重になりやすいか二重になかなかならないのかが決まります。
24時間アイテープを付けていれば早く癖が付きやすいということもありますが、自分のまぶたにとって寝るときもアイテープをしていても負担にならないのかをしっかり見極めてアイテープを使用するようにしましょう。

かわいくなるためのアイテープで肌荒れを起こしていては、逆効果になってしまいます。
早く二重にしたいという気持ちも分かりますが、早ければ良いというわけではありません。
キレイな二重を目指すためには時間がかかる場合があるということも頭に入れておいてくださいね。

アイテープを長時間使用することによるデメリット

二重が一重になった 治す方法

アイテープを長時間使用することによるデメリットは肌荒れだけではありません。
夜の使用に限らず、日中でも長時間アイテープを使用することでまぶたにデメリットとなってしまう点が複数あります。

まぶたの色素沈着

アイテープでまぶたどうしが接着されて、擦れることで色素沈着が起こってしまう可能性があります。他にもアイテープの粘着がしっかり落とし切れずに残ってしまっていると色素沈着が起こりやすくなります。素肌のまぶたが少し茶色くなってきたと感じたら、一旦アイテープの使用を控えましょう。

まぶたのたるみ

皮膚がアイテープによって必要以上に引っ張られてしまうとまぶたがたるんでしまう可能性があります。一度たるんでしまったまぶたは治ることがないと言われているので、まぶたが強く引っ張られるような感覚があるほど無理に使用することはやめましょう。

まとめ

二重になると顔の印象が大きく変わるので、二重になりたいと思う人は多いです。
できるだけお金をかけずに簡単に二重の癖付けができるのが、アイテープです。
100円均一でも手に入ります。

ただ、使用方法によっては、まぶたの肌荒れやたるみを引き起こす可能性があります。
特に夜寝ている間も使用することは、まぶたへの負担も大きく、デメリットも多いので、できるだけ控えて、早く二重を目指すのではなく、キレイな二重を時間をかけて癖付けをしていくことを目標にしてください。


あっ、えっ、でもYouTubeでは夜でも絆創膏やアイテープ使って癖付けしていますね。。。

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました