ふくらはぎは何センチから太い?理想の太さは身長×0.2

コロナ禍でおうち時間が増えました。仕事も在宅ワークになるなど、引きこもる時間が増えるといざ少しお出かけするときに、服装に悩みます。私の友人が、久々のお出かけでコロナ前に購入したブーツに足を通したところ、ふくらはぎ部分のチャックが入らないと出かける前にあたふたしたと言っていました。在宅ワークで運動不足になって明らかに体型の維持ができていないと分かっていたのにブーツが入らないまでに太っていたとショックを受けていました。そこでふくらはぎは何センチから太いのかを調べてみたので、紹介していきます。

sponsored link

ふくらはぎは何センチから太い?

ふくらはぎは何センチから太いかというと、一概に言うことはできません。理由は身長や足の長さ、その人の体格によって理想のふくらはぎの太さが異なるからです。しかし、一般的なブーツなどのふくらはぎの太さは、34.5~36.5センチが多いようです。もちろんサイズによって異なります。そのため、ふくらはぎの太さが34.5~36.5センチであれば一般的でこれ以上の太さであれば太いと考えて良いと思います。

ふくらはぎの理想の太さは?

ふくらはぎ 何センチから太い

足のサイズや身長によりますが、ふくらはぎが34.5~36.5センチの範囲内であれば一般的なふくらはぎの太さですが、自分に一番バランスの良いふくらはぎの計算の仕方を紹介します。「身長×0.2」が理想のふくらはぎの太さと言われています。よほど身長が高い人でなければ、36.5センチのふくらはぎが理想の太さとなることが難しいということが分かります。ブーツなどは、理想よりも太めに作ってあり、多くの人が履きやすいように作られています。この理想のふくらはぎの太さは、あくまで理想です。人によっては、もっと太くてもかっこよかったり、バランスが良く見えたりします。体型などによってバランスよく見える太さが違いますので、参考程度にしてくださいね。

ふくらはぎを細くしたい!

ふくらはぎ 何センチから太い

理想のふくらはぎの太さを知ってしまうと、目指したいと思うのですが、コロナ禍でなかなか運動ができないという人もいます。ふくらはぎの場合、脂肪で太くなってしまっている場合と体内の水分量が多くてむくんで太くなっている場合もあります。脂肪で太くなっている場合は、運動や食事を気を付けて痩せるしかありませんが、むくんでいる場合は、マッサージで細くすることができます。人によりますが、一般的にふくらはぎは夕方が一番むくむと言われています。むくみが気になる場合は、ふくらはぎにマッサージオイルなどを塗って、下から上へむくみをとるようにマッサージしましょう。むくみが取れるだけで足がすっきりしますよ。

まとめ

コロナ禍でおうち時間が増えるといろんなところに影響が出ます。特に体への影響ははかり知れません。今まで家から出ないようにしていたのにいざ出かけるとなったときに自分の体型の変化やなまっていたところを知ってしまうことも多々あると思います。そこで今回はふくらはぎについて紹介しました。ふくらはぎが理想の太さだとシュっとしてかっこいい立ち姿になりますよね。コロナ禍で体がなまりがちですが、理想のふくらはぎの太さを目指して少しでも運動やマッサージを心がけるようにしましょう!ふくらはぎが理想の太さに近づくとオシャレも楽しくなりますよ。

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました