ふくらはぎが太いのは生まれつきで決まるの?細くする方法

ふくらはぎが太いと悩みますよね。

他は太っていないのにふくらはぎだけ太いとなると、生まれつきかもしれない、遺伝だったら仕方ない、と諦めたくなります。

ですが、「ふくらはぎが生まれつき太い」ということが全くない訳ではないものの、他の原因の方が大きいことがほとんどです。

原因を見極め、適切な対処することによってふくらはぎは細くなります。

ふくらはぎが太くなる理由と細くする方法を調べたのでシェアしたいと思います。

sponsored link

ふくらはぎが太くなる理由

ふくらはぎ 太い 生まれつき

● 筋肉太り

まず一つ目の理由は、筋肉です。

筋肉が外に張り出しているような硬いふくらはぎで、スポーツをしている人、していた人に多いくなります。

また、歩き方の癖やヒールのあるくつをよく履いていると、ふくらはぎの筋肉をよく使うことになり、筋肉太りになってしまいます。

筋肉を使うと疲労がたまり、収縮し、それによってふくらはぎが太くなってしまうのです。

● むくみ太り

ふくらはぎを指で押した時に、戻りが悪いふくらはぎの人は、むくみが理由です。

座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事をしている女性に多いです。

血液が循環することで老廃物や水分などを運ぶため、座りっぱなしで筋肉を動かさないと循環が悪くなります。

筋肉が動かないとそれらがたまり、ふくらはぎが太くなってしまいます。

● 脂肪太り

お肉がつまめるようなやわらかいふくらはぎで、いわゆる肥満傾向のある足です。

ふくらはぎだけでなく身体全体に脂肪がついている状態なので、食べ過ぎや運動不足が原因です。

● 腓骨が外に出ている

足の裏の外側に体重がかかっているため、腓骨が外に出てふくらはぎが外に倒れます。

そのため、ふくらはぎが太く見えてしまうのです。

ふくらはぎを細くするにはどうすればいいの?

ふくらはぎ 太い 生まれつき

● 筋肉をほぐす

足には常に力が入っている状態ですので、筋肉が縮んできます。

ふくらはぎが太い理由が筋肉なら、それを落とすポイントは縮んだ筋肉をほぐすことです。

リンパの流れに沿ってマッサージをすることによって筋肉はほぐれます。

下から上に向かってマッサージしますが、その際、痛いと感じるところはリンパの流れが悪くなっている証拠です。

特に入念にマッサージをしましょう。

筋肉太りはすぐにはやせないので、毎日続けることが大切です。

● むくみを解消する

ふくらはぎを動かすことで、むくみを上半身に押し上げます。

また鼠径部をほぐすと、リンパが流れやすくなります。

その結果、循環がよくなり、むくみが解消します。

むくみはその日の内に解消させましょう。

● 食生活の改善と運動

カロリーを節制した食生活、運動を習慣化するなど、脂肪を減らすための生活をしましょう。

● 腓骨の矯正をする

足の裏の内側に体重がかかるようにするようにします。

ビーチサンダルなど、鼻緒のついたものを履いていると、自然に体重が親指側に入るようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ふくらはぎが太くなる理由は、生まれつきということもありますが、それよりは、筋肉、むくみ、脂肪、腓骨、といった別の理由が大きいものです。

どれが当てはまるか、いくつか理由があるのか考え、日常生活の改善をすることによって、ふくらはぎは細くなります。

遺伝や生まれつきと諦めず、できることから始めましょう。

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました