コーヒー飲むと胃が痛いのはカフェインとタンニンとアレルギーが原因

コーヒーを飲む時間はホッと一息できたり、ドライブ中の眠気覚ましになったり、いろいろなコーヒー豆を挽いて味を楽しんだり、おいしいコーヒーを探しながらのカフェめぐりなども楽しいですよね。

コーヒーは嗜好品の代表格です。好みも楽しみ方も人それぞれです。

ただコーヒーの味や香りは大好きで飲みたいのに胃が痛くなるという人もいます。
コーヒーに胃痛を引き起こす原因があるのは事実です。
そこでコーヒーが胃痛を起こす原因と対策を紹介していきます。

sponsored link

コーヒーが胃痛を引き起こす原因①カフェイン

コーヒーが胃痛を引き起こす原因の代表は、コーヒーに含まれる「カフェイン」です。カフェインには、胃酸を分泌させる作用があります。胃は基本的に胃粘膜で守られていて、胃酸のように強い酸性の液が胃の中にあっても胃痛を引き起こすことはありませんが、カフェインの影響で胃酸が多く分泌され、胃が荒れた状態になり、胃痛を引き起こすことが考えられます。

コーヒーが胃痛を引き起こす原因②タンニン

コーヒーに含まれる「タンニン」が胃痛を引き起こすことも考えられます。タンニンはコーヒー以外にもワインなどにも含まれていて、抗酸化作用があり、老化を防ぐ役割があります。しかしこのタンニンを多量に摂取すると胃もたれを引き起こす場合があります。

コーヒーが胃痛を引き起こす原因⓷アレルギー

コーヒーアレルギーによる胃痛も考えられます。コーヒーに含まれる何かのアレルゲンによって胃痛を引き起こしている場合もあります。アレルギー反応の場合、病院を受診してアレルギー検査を行い、詳しく調べる必要があります。もしアレルギーによる胃痛であれば、コーヒーを飲むのを控えるようにしましょう。もしアレルゲンが分かれば、それを取り除けるのであれば、取り除いたものを摂取するようにしましょう。

コーヒーをより楽しむ飲み方①

胃痛を気にせずコーヒーを楽しみたいときは、まずカフェインの摂取量を考える必要があります。コーヒーによる胃痛はカフェインによるものがほとんどだと考えられるので、飲みすぎないようにしましょう。1日に摂っても良いカフェインの量は400mgと言われていいますが、だいたいコーヒー4~5杯分です。過剰に飲むのは避けましょう。さらにカフェインは紅茶やチョコなどにも含まれいることがあるので、コーヒー以外のもので摂取しているということも考えなければいけません。

コーヒーをより楽しむ飲み方②

空腹時にコーヒーをたくさん飲むことは避けましょう。空腹時に飲んでしまうと胃がカフェインの影響を受けやすく胃酸を分泌させて胃の荒れを引き起こす可能性が高くなります。何かと一緒に食べながらコーヒーを楽しむのも胃痛を引き起こさせない対策の一つです。なかなか食べ物と一緒にコーヒーを楽しむことが難しい場合、ブラックではなく、ミルクを混ぜて飲むことをおすすめします。ミルクには、胃粘膜を保護する役割があります。

コーヒーをより楽しむ飲み方⓷

カフェインレス(デカフェ)のコーヒーを楽しむこともおすすめです。今は妊婦さんや授乳中のお母さんでもコーヒーが楽しめるようにカフェインレスのコーヒーも種類が多く出回っています。カフェインレスだからといって決して味や香りが劣るというわけではないので、試してみてください。

コーヒー飲むと胃が痛いまとめ

コーヒー飲むと胃が痛い

コーヒーは香りも味もそして飲んでいる時間も楽しむことができます。忙しい現代人にとってコーヒーは自分へのご褒美の時間を作る一つのツールでもあると思います。そんなコーヒーを楽しみたいのに胃痛を引き起こしてしまうという人もなかにはいます。しかし、コーヒーを飲んでも胃痛を引き起こしにくい対策はあるので、ぜひ試してみてコーヒーを楽しんでください。

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました