iHerbの関税や輸入税はいくらかかるの?個人輸入の範囲内なら大丈夫

アイハーブで商品購入すると、海外からの発送になるので、関税や輸入税がかかると聞きました。
商品自体はお手ごろな価格で販売してくれているのでありがたいですが、関税や輸入税がかかって日本のお店で買ったほうが結局安かったとなると意味ないですよね。

そこで今回は、iHerbで購入すると関税輸入税がいくらかかるのか調べたことをシェアします。
大量購入で関税をさけたり、没収されないようにするためのポイントもお伝えします。

sponsored link

iHerbの関税って割引前の価格にかけられるの?

海外から個人が日本へ輸入の(個人的使用の目的で商品を購入される)場合、小売価格と送料や保険料などを含めた60%が課税価格になります。
ですが、課税価格が1万円以下だと免除される(お酒やたばこは除く)ので、計算上16666円以内の買い物なら関税はかかりません。

アイハーブではプロモコードや紹介コードがあったり、お試し価格やスーパーセールなどいろいろな割引がありますし、送料無料のキャンペーンもあります。それらすべて適用後の価格の60%が課税価格になります。

ネット上で、”割引前の価格に課税される”といわれたり耳にするのは、紹介クレジットを使う前の価格のことです。紹介クレジットを使うことを、割引と思っている方がいらっしゃるだと思います。
まとめると、プロモやセール割引適用後の価格から紹介クレジットを使用した後の価格に課税価格が決まるのではなく、 プロモやセール割引適用後の価格 に課税価格が決まります。

アイハーブで関税や輸入税は基本的にはかからないように設計されている

iHerb 関税 輸入税

上記で、ちょっとややこしい話をしましたが、結局アイハーブでお買い物手続きする際は、カート内がプロモなどの割引適用後料金が15500円(150ドル)以上の金額になっていると自動的に購入手続きが進まないようにプログラミングされています。
ですから、手続きが進む=関税はかからないので安心して買い物ができます。

しかし、例え個人の使用目的といっても、150ドル以内の買い物でも、同じ商品を大量に購入するのは避けたほうがいいです。税関に目をつけられ商業用と判断されると関税をかけられる可能性もあります。

化粧品のカテゴリに属するもの(シャンプー・コンディショナー・石鹸・歯磨き粉など含む) は、類目ごとに24個までとなります。例えば、石鹸は、リキッド、固形、洗顔用などを含めて24個までとなります。

https://jp.iherb.com/shipping

また、砂糖や甘味料も注意が必要です。たとえ150ドル以内の買い物でも、1kgを超えると関税をかけられる可能性があります。

重量や数量にかかわらず、砂糖や甘味料(メープルシロップ、アガベネクターなども含む)を輸入した際には、関税やその他の税が日本税関より徴収されます。砂糖や甘味料の重量が1kg(約2ポンド)を超えた場合には、関税やその他の税が課せられるうえ、さらに日本税関により追加書類の提出が求められます。

https://jp.iherb.com/shipping

iHerbは関税対策で間隔をあける工夫をしている

iHerbは関税対策で間隔をあける工夫をしている

また、代理購入される場合で、配送先が同じ住所で1日に複数の購入をすると税関で商業用と判断され、関税をかける場合があります。
その時、一度購入してから、次に購入するのは早くても2~3日はあけてすることが関税をさける方法になります。

iHerb側でも、税関で荷物がとまるのは避けたい事態なので、1日に複数決済ができないようにシステム化していますが、ユーザーもできるだけ安く購入したい思いもあるので、特にキャンペーンセールの時は大量購入しがちです。”決済が進まない”、”支払いが完了しない”とクレームをいれたくなりますが、アイハーブも税関を通すため、お客さんに関税を払わなくてもいいように荷物の間隔を工夫しているので、そこは我慢して、同時購入は時間はかかることを受け入れてみてはどうでしょうか。

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました